So-net無料ブログ作成

甘利大臣辞任と政治不振 民主党は批判できる立場なの?? [日記]

 
甘利さんTPP交渉の大詰め前の辞任で、今後の展開が気になるところ。
 
 
とはいえ、続く政治不振を払拭するためにも事実は解明して欲しいものですね。
 
 
民主党、枝野議員が「大臣辞任で終わらせていいのか!」的な事をおっしゃってます。
ごもっともですが、これを機に民主党政権時代の汚職問題も解明して欲しいものです。
 

以下、民主党政権時代の汚職問題コピペ


・・・続きを読む


nice!(21)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

甘利大臣辞任とTPP交渉の行方は…?? [時事・経済]

 
今回も手抜きブログ…。

 
甘利経済再生大臣が辞任いたしましたね。
 
タイミング的にはかなりハメられた感じありますが…

しかし、罠かどうかが問題ではありません。受け取ったかどうかが問題
 
というワケで、さよなら甘利さん…ノシ

 
 
TPP交渉も大詰めの中、安倍政権としては痛いところ。
しかも後任が、事実上失言で交代した石原元環境大臣とは…。大丈夫か?
 
 
 
ただ見落としがちなのが、そもそもTPPが米国内でまとまるのか??
 

・・・続きを読む


九州の大寒波…久しぶりの積雪 [日記]

IMG_20160124_120821.jpgIMG_20160124_173058.jpgIMG_20160124_083904.jpg
 
九州も珍しく積雪しております。
 
今日は職場泊となりました…。ちなみに職場は郊外山手の方で、積雪30センチとなっています。

今週中にいつものブログに復帰したいものです。

 
皆さんも雪の日の運転お気を付けて…

nice!(26)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

多忙のため… [日記]

 
多忙のため、今週日記が書けず…

無念でございます。

niceをいただいた方への訪問はポツリポツリとしていきたいので、遅くなりますが御容赦下さい…


m(__)m

nice!(22)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

米国の外交政策:ガソリン・原油価格の動向は?? 2016年から早くも波乱… [時事・経済]

 
 
ガソリン価格動向の続き。

とうとうアメリカ・米国の原油輸出が解禁。もはや米国は世界一の産油国なので、解禁が与える影響を考えると世界的にインパクトがありますよね。

意外に知られていませんが、大昔米国は原油を輸出してたんですね。

ては、今までなぜ米国は原油輸出をしてなかったのか。(正確には、まったくしていなかったわけでじゃないですが…)

きっかけは、73年の中東紛争。

この紛争勃発によって、アラブ諸国はイスラエル支持国に対する原油輸出を禁止。
この禁輸措置によって、米国内は「石油ショック」に突入します。
そして、アメリカ議会は75年、国内産原油の輸出を原則禁止したのです。

紛争が落ち着いた後も、輸出規制を続けていたと言う事なんですね。

今回、この輸出規制を解除するという事です。


しかし、なぜ規制撤廃したのか?

背景には、アメリカのシェールオイルの開発成功が最もな要因。いわゆる「シェール革命」ですね。

・・・続きを読む


nice!(39)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

傑作映画「ライフ・オブパイ/トラと漂流した277日」の紹介 [映画関連]


前回の日記で出てきた映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した277日」と言う映画をご紹介。


ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 【Blu-ray】 [ スラージ・シャルマ ]


ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 【Blu-ray】 [ スラージ・シャルマ ]



この映画はアカデミー賞・監督賞受賞、作品賞はノミネートのみでした。
 
何より、映像がものすごく美しく圧倒されちゃいます。映画のできとしても一級品。


一応、ネタバレ無しで設定の部分とヒントだけ…


この映画はオランダ人作家が、太平洋をボートで漂流したパイの漂流体験についてインタビューする所から話が始まります。

そしてこの映画はほとんどの部分が、体験談の回想を映像化すると言う構成です。
前回の日記の内容と同様に、スタンダードな語り手ものの映画と言う事です。


体験談をザックリと…

・・・続きを読む


nice!(39)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「おおかみこどもの雨と雪」に見る、語り手・雪の問題は??信頼できない語り手なのか? [映画関連]


前回の日記との関連。細田守監督作品、2012年公開映画「おおかみこどもの雨と雪」。若干のネタバレありです、はい。

 


 

前回の見方と全く違った解釈というか、この映画の特徴である「語り手」ものの映画について

この映画は冒頭のナレーションで「これは母から聞いた話」と言う感じで始まります。

つまり、聞いた話を語り手が話す、と言う構造になっています。「語り手」がいて「語り手が話す」と言うストーリー。

「語り手」。これが「おおかみこどもの雨と雪」の特徴で、こういった映画は厄介でクセモノであるわけです…。


 


 

どういう事かと言うと、語り手の話が事実かどうかは分からないと言う構造です。

・・・続きを読む


nice!(47)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

細田守監督:映画「おおかみこどもの雨と雪」 狼男の解釈は・・・? [映画関連]

 
 
 
久しぶりに映画のお話。

久しぶりに細田守監督作品、2012年公開「おおかみこどもの雨と雪」を観ました。


細田守監督は今最も期待されているアニメーション監督の一人ですよね。個人的には「時をかける少女」が1番好きです。

確かに細田監督の世界観あるアニメーションは、観てて心地良いです。



細田監督のインタビューによると、花の御主人・雨と雪の父の名前が出て来ないのは、観る人の大切な人に重ね合わせる見方もできるようにと言う趣旨の事。
 
 

・・・続きを読む


nice!(58)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

中東問題と北朝鮮の関係:核実験で日本に影響も・・・ [時事]


最近、北朝鮮が水爆実験を行ったのではないかと話題になっていますよね。

核実験で日本にも影響が感じられる北朝鮮について。
金正日総書記が亡くなってから金正恩が後継しました。
 
 
では北朝鮮の現在の国家主席は誰か?
 
 
意外に知られていませんが、とうの昔に亡くなられた現在の金正恩のお祖父様「金日成国家主席」がいまだに国家主席です。

亡くなられてからも金日成の命令や思想は永遠に覆されず、それを基に亡くなられた金正日総書記は北朝鮮を治めていたんですね。
そして金正恩が治める今の北朝鮮もそれを基に国家は動いています。

つまりは金日成国家主席は永遠の国家主席という事です。


そして北朝鮮は正式には朝鮮「民主主義」人民共和国。…とありますが、もちろん民主主義国家ではありませんし共和制でもありません。そういう点でもかなり特殊な国ですよね。

・・・続きを読む


nice!(55)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

集団的自衛権は左翼的?戦争リスクは上がるの? [時事]

 
 
 
前回の徴兵制・集団的自衛権の話の続きです。
 
ちなみに口説いようですが、私自身は脱原発派でリベラルな思想で自民党支持ではありません。
 
 
 
2015年は「集団的自衛権を認めたら戦争になる!」とかなり騒がれていましたね。

正直、この論調は野党が自民党の支持率落としを目的としたデマでしょうか。 


 
戦争が起こらないための有名な「カントの三角形」をみてみましょう。
 


戦争が起こらないためには…
 
 

・・・続きを読む


nice!(29)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

人気ブログランキングへ ありがとうございました! また、お越しください!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。