So-net無料ブログ作成
映画関連 ブログトップ
前の10件 | -

「ローマの休日」で想う、イギリスのユーロ離脱 [映画関連]


 
 
PCが壊れてしまって、なかなかブログの更新が出来ずにいる今日この頃です。
 
そんなこんなで久しぶりの日記なります。今回はイギリスのユーロ離脱のニュースで思い出した、映画「ローマの休日」について触れたいと思います。
   
 
 
 
 
 
 
 
 
ローマ休日は言わずもがな、オードリー・ヘップバーン、グレゴリー・ペックの代表作。
 
 

自分が英国のユーロ離脱のニュースで、ローマの休日を何故思い出したかと言うと。この映画自体が当時のヨーロッパ共同体への夢を乗せていたからです。
 

・・・続きを読む


nice!(69)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「アメリカン・スナイパー」 実話を基に作られた伝記映画 アメリカ国内の論争はなぜ?? [映画関連]

 
 
前回のイラク戦争関連映画に重ねて…
 
前回アメリカン・スナイパーという映画をすこしだけ紹介しました。監督はハリウッドの重鎮クリント・イーストウッド。今回はもう少し踏み込んだ紹介をしたいと思います。
 
 
この映画はイラク戦争で公式記録で160人の敵兵を排除した、アメリカ側の伝説的軍人「クリス・カイル」の伝記映画・・・つまり実話を基に作られた映画です。
制作側とクリス・カイルとその奥様と綿密に話し合って、戦場だけではない人間ドラマに触れているところがよく出来ています。
 
ちなみに主人公のクリス・カイル役を務めるのは大人気俳優のブラッドリー・クーパー。今、最も脂が乗っている俳優さんの一人ではないでしょうか。
 
そしてこの映画は「プライベート・ライアン」の3億ドルを超えてアメリカで公開された戦争映画史上最高の興行収入額となりました。
 
 
この話は主人公兄弟がカウボーイとして生計を立てているところから始まり、アメリカで起きた同時多発テロ9.11により軍人として生きる道を選ぶところが前半で描かれます。
 
しかしこの映画はアメリカ国内でとてつもない論争を巻き起こしたのです
 
論争の主旨としては「これほど敵兵を排除した軍人を英雄として描いていいのか?」というものでした。
 
確かに主人公は敵兵を蛮人扱いしたり何度もイラク派兵に参加したり、かなり右翼的にも描かれています。しかも彼が戦場で最初に狙撃したのは女性だったのです…
 
 
…しかし映画を観ると、必ずしも右翼的な映画ではないというのが分かると思います。
 
<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/Av1UW0myxiA" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
 
 

・・・続きを読む


nice!(51)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画:イラク戦争を知るために映画の順番を考える。アメリカ大統領選挙前の今だからこそ… [映画関連]


 
まともに日記を書くのは久しぶりですが、映画の話題を。
 
 
現在もアメリカ大統領選挙の候補者選びが行われています。共和党では、まさかまさかのドナルド・トランプ氏が大躍進。とはいえ、大統領になるとは考えにくいですが、何が起こるかわかりませんね。
 
さて、前回の大統領選挙ではオバマ大統領が誕生したのですが…
 
前回の選挙の前に公開された2008年公開映画「ブッシュ(原題:W.)」では、アメリカ国民がいかに情けない大統領を選んだかオリバー・ストーン監督によって描かれます。

個人的には複数の映画を観るには、「映画を観る順番」がけっこう大事だと思っています。
 
今回は前回の大統領選挙を思いだしましたので、イラク戦争とブッシュ前大統領を知る上でいくつかの映画をサラッと紹介したいと思います。
  

・・・続きを読む


nice!(37)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

スーパーマン新シリーズ「マン・オブ・スティール」の評価:3/11の金曜ロードショー [映画関連]

 

 

日本全国でインフルエンザや嘔吐下痢症などはじめ、感染症が流行っていますね。

 

昨日から我が家のチビ達も嘔吐の連続で大変でした…。夕方から嘔吐6回、洗濯3回とてんてこまいでした(^_^;)

 

感染症は、なんと言っても予防が第1です。手洗い、うがい徹底的に。 家族で嘔吐者がでたら、キッチンハイターを薄めるなど塩素系で消毒を念入りに!皆さんもお身体に気をつけて。

 

 

今回は今日の金曜ロードショーの2013年公開「マン・オブ・スティール」。ネタバレなしで知ってた方が楽しめる予備知識を紹介。

 

・・・続きを読む


nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

レオナルド・ディカプリオとアカデミー賞:映画の長回し [映画関連]

 
 
今回は久しぶりに映画のお話。
 
 
先日のアカデミー賞では2016年公開映画「レヴェナント 蘇りし者」でレオナルド・ディカプリオがキャリア初の主演男優賞を受賞しましたね。
 
 
けっこう大作や話題作に主演していたレオナルド・ディカプリオですが、意外に今までアカデミー賞主演男優賞は獲っていなかったのですね。
 
 
 
 ● アカデミー賞の投票方法は?  
 
 
ちなみに…アカデミー賞の各賞はファンの投票で決まるワケではありません。アカデミー賞の受賞を決めるのは映画関係者の投票です。
 
も少し踏み込んで言うと、映画芸術科学アカデミー(アカデミー賞のクラブ会員のようなもの)に登録している人が投票するのですね。
 
 
しかし、製作・俳優側や映画関係者のいわば内輪の投票であるので、公平性があるかと言うと難しいところがありますよね。そのため、仲間内の賞になりやすい所もあるのです。
 
 

・・・続きを読む


nice!(41)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画:ワールドウォーZの「Z」意味は? 本日の金曜ロードショー [映画関連]

 

 

今回紹介する映画は2013年公開「ワールドウォーZ」。今日、2/19の金曜ロードショーで放送される映画です。

 


BD洋/ワールドウォーZ/中古BD(ブルーレイ)【中古】(AN-SH201506)


BD洋/ワールドウォーZ/中古BD(ブルーレイ)【中古】(AN-SH201506)



 

ネタバレなしで、事前に知っておくと楽しめる事をまとめてみたいと思います。 

 ● 製作は主演のブラッド・ピット!?

 

日本ではあまり知られていませんが、ブラッド・ピットは映画会社の社長なんですね。

 

しかも、けっこうヒット作を世に送り出してたりします。

「トロイ」(2004) 


トロイ ディレクターズカット【Blu-ray】 [ ブラッド・ピット ]


トロイ ディレクターズカット【Blu-ray】 [ ブラッド・ピット ]



 

「チャーリーとチョコレート工場」 (2005)


チャーリーとチョコレート工場 スペシャル・パッケージ(Blu−ray Disc)


チャーリーとチョコレート工場 スペシャル・パッケージ(Blu−ray Disc)



 

アカデミー作品賞受賞「ディパーテッド」(2006)


ディパーテッド 【BLU-RAY DISC】


ディパーテッド 【BLU-RAY DISC】



・・・・・・などなど、ヒット作品もありますよね。 

 

ひとまずはネタバレなしで、今回の「ワールドウォーZ」の設定の部分だけ紹介したいと思います。

 

ちなみにパニック映画にジャンル分けされると思いますが、この映画はズバリ「ゾンビ映画」です。

 

以前の日記でも解説したように、ゾンビ映画の伝統として…ゾンビは、現実に起きている問題の比喩として描いています。

 

今作品の「比喩」は何なのか? まずは、あらすじを見てみましょう。

 

 ●  あらすじ : wikiより引用

フィラデルフィアに住む元国連職員ジェリー・レインは、妻と長女レイチェルと次女コニーを学校に送るため自動車に乗っていたが、いつもとは様子の違う交通渋滞にはまってしまう。すると突如人々が車を放棄して逃げまどい始め、ただならぬ雰囲気を感じ取ったジェリーは同じように自動車を放棄し人々と共に逃れる。人間を狂暴化させる謎の疫病が世界各地で流行し始めており、フィラデルフィアの街はゾンビの大群に襲われていた。混乱の最中、ジェリーはゾンビに噛まれた男が12秒後にはゾンビと化し、人々を襲い始めるのを目撃する。

ジェリーは街を離れるが、携帯電話へ国連事務次長ティエリーから連絡が入り、現場への復帰を要請される。途中で出会った少年トミーとジェリーら一家の5人は、ティエリーが派遣したヘリコプターでニューヨーク沖の海上に浮かぶ米海軍艦隊の艦へ収容される。収容人数には限りがあり、民間人の避難民が地上の避難所へ移される中、家族らを安全な艦にとどめておくため、ジェリーは軍による作戦への参加要請を断りきれない。ジェリーは優秀な若きウイルス学者や特殊部隊員らとともに、最初にゾンビの情報を送ってきた韓国の米軍基地へと飛び立つ。”

 




・・・続きを読む


nice!(53)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画:アカデミー作品賞「アルゴ」に見る、CIA事情と評価は? [映画関連]

 
 
今回は映画の紹介。 時代背景がイラン革命中の映画なので、以前の中東関連の日記を読んでいただけたら、分かりやすいかも?(※中東関連日記のURLは記事の下部に貼っておきます)
 
 
 
 
● 監督ベン・アフレック!? 
 
2012年公開映画「アルゴ」。第85回アカデミー賞・作品賞を獲得した名作です。
 

この映画は実際に起きたイラン・アメリカ大使館人質事件を基に・・・さらに実際に行われたウソみたいな救出作戦を基に描いた作品です。
 
 
 
この映画の監督は、「アルマゲドン」や「パールハーバー」のヒーローとして一世風靡した、あのベンアフレックです。
 
意外に知られていませんが・・ベン・アフレック自体、マット・ディモンと一緒に「グッド・ウィル・ハンティング」の脚本を書いていたりと映画製作を元々してた人なんですね。
 
 
ちなみに、「グッド・ウィル・ハンティング」はアカデミー賞・脚本賞を獲得しています。
 
 
実はベンアフレック、俳優業で一世風靡した後は天狗になりまくってハリウッドから総スカンを喰らっていました。
 
 

 

・・・続きを読む


nice!(48)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

傑作映画「ライフ・オブパイ/トラと漂流した277日」の紹介 [映画関連]


前回の日記で出てきた映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した277日」と言う映画をご紹介。


ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 【Blu-ray】 [ スラージ・シャルマ ]


ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 【Blu-ray】 [ スラージ・シャルマ ]



この映画はアカデミー賞・監督賞受賞、作品賞はノミネートのみでした。
 
何より、映像がものすごく美しく圧倒されちゃいます。映画のできとしても一級品。


一応、ネタバレ無しで設定の部分とヒントだけ…


この映画はオランダ人作家が、太平洋をボートで漂流したパイの漂流体験についてインタビューする所から話が始まります。

そしてこの映画はほとんどの部分が、体験談の回想を映像化すると言う構成です。
前回の日記の内容と同様に、スタンダードな語り手ものの映画と言う事です。


体験談をザックリと…

・・・続きを読む


nice!(39)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「おおかみこどもの雨と雪」に見る、語り手・雪の問題は??信頼できない語り手なのか? [映画関連]


前回の日記との関連。細田守監督作品、2012年公開映画「おおかみこどもの雨と雪」。若干のネタバレありです、はい。

 


 

前回の見方と全く違った解釈というか、この映画の特徴である「語り手」ものの映画について

この映画は冒頭のナレーションで「これは母から聞いた話」と言う感じで始まります。

つまり、聞いた話を語り手が話す、と言う構造になっています。「語り手」がいて「語り手が話す」と言うストーリー。

「語り手」。これが「おおかみこどもの雨と雪」の特徴で、こういった映画は厄介でクセモノであるわけです…。


 


 

どういう事かと言うと、語り手の話が事実かどうかは分からないと言う構造です。

・・・続きを読む


nice!(47)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

細田守監督:映画「おおかみこどもの雨と雪」 狼男の解釈は・・・? [映画関連]

 
 
 
久しぶりに映画のお話。

久しぶりに細田守監督作品、2012年公開「おおかみこどもの雨と雪」を観ました。


細田守監督は今最も期待されているアニメーション監督の一人ですよね。個人的には「時をかける少女」が1番好きです。

確かに細田監督の世界観あるアニメーションは、観てて心地良いです。



細田監督のインタビューによると、花の御主人・雨と雪の父の名前が出て来ないのは、観る人の大切な人に重ね合わせる見方もできるようにと言う趣旨の事。
 
 

・・・続きを読む


nice!(58)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 映画関連 ブログトップ

人気ブログランキングへ ありがとうございました! また、お越しください!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。