So-net無料ブログ作成
時事・経済 ブログトップ
前の10件 | -

共和党が分裂??アメリカ大統領選挙の行方は? [時事・経済]

 
 
久しぶりにアメリカ大統領選挙の話題。
 
現在アメリカで行われている選挙は、各党の候補者を決める選挙です。一般的には民主党と共和党の候補者が1VS1で争う構図
いちおう例外として、無所属候補として党に関係なく出馬する事も可能。その場合は三つ巴、四巴の争いにもなりえます。
 

・・・続きを読む


ビッグデータと個人情報の問題点? 映画「ソーシャルネットワーク」のあらすじ [時事・経済]

 
 
今回は前回の情報日記に関連して、いまや日本でも巨大SNSサイトになったfacebookと最近定着してきたビッグデータに触れたいと思います。
 
 
以前の日記でもfacebookを解説しました。前もって言っておくと私はfacebookやビッグデータを批判するつもりはありません。ただ、知っておく事も大事であると言う事です。
 
 
 ● ビッグデータは個人情報の宝庫?  
 
現在facebookを中心とするSNSはビッグデータと言うシステムを活用したマーケッティングをとっています
Facebookは基本的な傾向として実名、顔写真付きとなっている米国のSNSです。日本では当てはまらない事が多いかとも思いますが。
この背景や出来た経緯はソーシャルネットワークと言う映画で触れられていますので解かり易いかもしれません。(脚色はされていますが)

・・・続きを読む


経済:「日本の借金」の表現の間違い?? マイナス金利の影響の今後は・・・ [時事・経済]




 「日本の借金」・・・よくテレビで問題にされていますね。
 

現在では常識ではあるモノの、出来るだけ中学生でも理解できるような簡単な言葉で解説してみます。

 
ちなみに…数年前に話題となった「米国の債務・財政の崖問題」の際、報道では「米国政府の借金」と表現されていました
 
日本では、「日本の借金」と表現されていますが、具体的には「政府の借金」なのです。
 
 

・・・続きを読む


経済:日銀のマイナス金利とは何ぞや?? 庶民の家計に影響あるの?? [時事・経済]

 
 
最近、話題となっている・・・日銀の「マイナス金利」政策
言葉尻だけをとると・・・銀行にお金を預けてると利息をもらうのではなく、利息や手数料を払わなければいけないと言う事になりますよね。
 
 
しかしこの政策、基本的な経済学を知らないと、かなり分かりにくい政策だと思います。
 
 
いったいどういう政策なのか?
 
私たち庶民の貯金も金利を取られるのか?
 
 
けっこう勘違いされている、マイナス金利を少し考えてみましょう
 


 

・・・続きを読む


甘利大臣辞任とTPP交渉の行方は…?? [時事・経済]

 
今回も手抜きブログ…。

 
甘利経済再生大臣が辞任いたしましたね。
 
タイミング的にはかなりハメられた感じありますが…

しかし、罠かどうかが問題ではありません。受け取ったかどうかが問題
 
というワケで、さよなら甘利さん…ノシ

 
 
TPP交渉も大詰めの中、安倍政権としては痛いところ。
しかも後任が、事実上失言で交代した石原元環境大臣とは…。大丈夫か?
 
 
 
ただ見落としがちなのが、そもそもTPPが米国内でまとまるのか??
 

・・・続きを読む


米国の外交政策:ガソリン・原油価格の動向は?? 2016年から早くも波乱… [時事・経済]

 
 
ガソリン価格動向の続き。

とうとうアメリカ・米国の原油輸出が解禁。もはや米国は世界一の産油国なので、解禁が与える影響を考えると世界的にインパクトがありますよね。

意外に知られていませんが、大昔米国は原油を輸出してたんですね。

ては、今までなぜ米国は原油輸出をしてなかったのか。(正確には、まったくしていなかったわけでじゃないですが…)

きっかけは、73年の中東紛争。

この紛争勃発によって、アラブ諸国はイスラエル支持国に対する原油輸出を禁止。
この禁輸措置によって、米国内は「石油ショック」に突入します。
そして、アメリカ議会は75年、国内産原油の輸出を原則禁止したのです。

紛争が落ち着いた後も、輸出規制を続けていたと言う事なんですね。

今回、この輸出規制を解除するという事です。


しかし、なぜ規制撤廃したのか?

背景には、アメリカのシェールオイルの開発成功が最もな要因。いわゆる「シェール革命」ですね。

・・・続きを読む


ガソリン価格の今後は? 2016の動向・・・ [時事・経済]

 
 
今回は経済ネタで…今後のガソリン価格の展望は?
 
結論から言うと、これからガソリン価格は中期的には値下がり続けます
 
 
私たち日本国民にとっては嬉しい限りですよね。
 
ただし、経済の基本は誰かが得をすると誰かが損をする(可能性がある)です。
 
 
 
ともあれ、私にとっては嬉しい悲鳴。もう既に私の街では、レギュラーガソリン1リットルあたり100円台まで下がっています。
 
数年前まで1リットルあたり200円付近だったのを考えると信じられませんよね。
 
 
 
記憶があいまいですが2008年ころは1バレル=150円?でしたか。
 
 
さて、これからが本題です。
 
 

・・・続きを読む


経済:世界的な右派と左派とは? 安倍政権は右派?左派? [時事・経済]

最近、右派だ左派だ、とか耳にすることが多くなりましたよね。

 

日本では自民党が右派民主党や共産党などが左派とよく言われています。(自分は民主党は左派ではないと思っていますが・・・)

  

今回は世界的・経済的に見た右派、左派について少し触れたいと思います。

 
なかなか日本では構造上語られない部分でありますが、国際関係や経済を見るうえでは重要な話かと思います。
 

 
少し経済的な話にもなると思いますが、今もなお右と左の対立と言うのが続いているのですね。
 

 

・・・続きを読む


フランスで同時多発テロ:海外旅行の際の注意点…旅行のキャンセルが相次いでいるそうですが… [時事・経済]

 

 

フランスで同時多発テロという悲劇が起きました・・・ものすごく恐ろしく思いましたし、あまりの理不尽な出来事に言葉もでません・・・。

 

亡くなられた方々に心からご冥福をお祈り申し上げます・・・

 

 

でも、海外旅行は私たちにとっても身近な話でもありますよね。
 

 
少し前までは「円高なので海外旅行に行くなら今がチャンス!」と良く言われていましたよね。もちろん、円高の時はお得なのは間違いないのですが・・・。

 

 
ここで海外旅行に行く際に注意したほうが良いのは 行く所は治安も含めて『日本』ではない と言う事です。
 

 

特に治安に関していえば日本は圧倒的に安全ですよね。私たちの多くは日本で生まれ育ったので、よその国も同様に安全と思い込みそうになりますけど。

特に先日のフランスで起きた同時多発テロのように、国際情勢がとても重要な要素なのではないでしょうか?

 

まさか、今のタイミングでシリアなどに旅行される方はいないと思いますが・・・。 


 

身近な旅行先でも例えば、 

 

 

 

・・・続きを読む


民主化ってよい事?:ミャンマーの選挙 結果はスーチーのNDLの勝利。・・・だが? [時事・経済]

 

 

ミャンマーは軍事政権が保てなくなり、とうとう本格的に民主化に進みました。

 

そして今回、ミャンマーで選挙が行われました。結果は、 アウンサン・スー・チー率いるNDLが過半数の議席を獲得、ひとまずは政権交代と言えるでしょう。


スーチー女史は善人か [ 高山正之 ]


スーチー女史は善人か [ 高山正之 ]



 

 

しかし、ここがゴールではなく むしろ、これからが本格的な過渡期に入るのですね。

 

そもそも、どんな御時世、どんな社会環境、もしくは全ての国に対して、民主化は絶対的に良い事なんでしょうか?

もちろん私は今の日本の民主的な(?)国の在り方が望ましいと思っています。・・・年のため。 

 

 

よく「独裁・軍政は悪で、民主化は正義だ」と言われます。よく大きく勘違いされますが、本当にそうなんでしょうか?

 
今回は何が良く、何が悪いではなくミャンマーの民主化の裏にこんな話もある、という紹介をしたいと思います。
 

 

 

・・・続きを読む


前の10件 | - 時事・経済 ブログトップ

人気ブログランキングへ ありがとうございました! また、お越しください!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。